FC2ブログ

RESCYOU京都(レスキューきょうと)〜京都登山研究所〜

山の相談110番:090-9213-0709 自救力アップのための出張講習も行います

7/30 比良捜索

月曜に入山された方の捜索に行ってきました。警察・消防がガリバー旅行村から、私たちはイン谷から捜索に入りました。
遭難されたNさんは2日のビバーク後、水曜日の朝、北比良峠でテン泊の方に出会われました。警備隊長から一報を金糞峠で聞き、私たちも北比良峠~ダケ道に向かい合流し無事下山されました。

Nさんはガリバー旅行村↔武奈ヶ岳のピストンの予定でした。武奈ヶ岳に登頂し広谷に降り、登ってきた道があいまいになり迷ってしまったようです。まぼろしの滝の落ち口にあたって下降を断念された後はどう歩いたか分からないそうです。
2日目には水も底を尽き、暑い日が続く中、とにかく怪我なく無事に下山されて本当によかったと思います。よく頑張られたと思います。 山を好きになって、自分で登った山、死ななくてよかった。また元気になって山に登って欲しい。
私も家族によく言われます。降りてくるまで心配でたまらないと。 何回か捜索に加わらせて頂いていて、家族の方が非常に心配されているのを感じます。 本人は好きで行ってる山ですが、家族は山登りされない場合も多いでしょう。自分では探しに行けない分、捜索してくださる警察・消防の方たちは心強い存在だと思います。今月に入って比良では何件か遭難が起きています。その度出動されている警察・消防の皆さまありがとうございます。
私も山を好きになった者として、家族の心配を感じるようになった今、遭難しても家族の所に帰れる人が一人でも増えて欲しいと思います。また遭難しないようにトレーニングしたり安全登山に努めたいです。
  1. 2014/07/30(水) 19:47:25|
  2. 活動内容
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伊豆新聞より 山岳事故のニュース

山岳遭難に備え訓練、天城山で大仁署救助隊
伊豆新聞 7月29日 11時59分配信

 大仁署は28日、山岳遭難に備え、天城山で登山訓練と広報活動を実施した。山岳遭難救助隊と方面機動隊員など13人が参加し、実地踏査と現場での訓練を行った。

 天城山系では今年2件の遭難事故が発生し、いずれも危険な夜間の捜索・救助活動となったことから、登山コースの把握と有事における安全・迅速な活動を目的として実施した。

 参加者は伊豆市の天城高原ゴルフ場入山口に集合し、天城縦走の案内板でコースを確認。迷う人が多いというシャクナゲコース四辻以降の登山道の状態、危険箇所などを調査した。併せて登山者を対象に遭難の未然防止を目的とした広報活動も行い、十分な下調べと装備、余裕を持った登山計画、早めの下山を呼び掛けた。

 ■天城山縦走路の案内板で登山コースを確認する隊員=伊豆市の天城高原ゴルフ場入山口
  1. 2014/07/30(水) 06:19:54|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

登山道パトロール

比良パトロール第4段
JR北小松~寒風峠~鵜川越~岩阿沙利山~鳥越峰~オウム岩~岳山~音羽~JR近江高島

倒木など歩きにくい箇所は取り払いました。
岳観音堂跡付近の弁慶の切石の側が大幅に崩落していました。特に危険はないかと思いますが、気を付けて通過してください。

1406603063506.jpg
雨でオトシ出合が増水していました。
  1. 2014/07/29(火) 11:58:13|
  2. 活動内容
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本経済新聞より 山岳事故のニュース

列島、水や山の事故で12人死亡 2人不明
7/28 1:26
社会

 厳しい暑さが続いた27日、列島各地では海や川の事故が相次ぎ、共同通信の午後10時現在のまとめでは11人が死亡、19人が負傷し、2人が行方不明となった。山の事故でも1人が死亡、6人がけがをした。

 東京都あきる野市のバーベキュー場「秋川ふれあいランド」を流れる川では午後0時50分ごろ、子どもが溺れたと119番があった。警視庁によると、小学校低学年の男児2人が病院に運ばれたが、1人が死亡。もう1人は意識がはっきりしない状態という。

 神奈川県真鶴町の真鶴岬では、箱根の老舗「富士屋ホテル」の総料理長、村中伸吉さん(63)が海で溺れているのを近くにいた釣り客らが発見し119番した。病院で死亡が確認された。

 熊本県多良木町の球磨川では、同町の酪農業、源嶋光義さん(37)と妻みどりさん(45)が死亡。川遊びをしていた際、浮輪から落ちた娘(5)を助けようとして流された。娘は無事だった。

 また、鳥取市福部町の鳥取砂丘の海岸で、海で泳いでいた中国人の男女3人が流され、うち20代の男性2人が死亡した。

 他に京都府、神戸市、愛媛県、鹿児島県、沖縄県の海や川で5人が死亡した。

 一方、山梨、長野両県にまたがる八ケ岳連峰・赤岳(2899メートル)では、大阪府八尾市の無職、井谷優美子さん(74)が足を滑らせて登山道から約100メートル下に転落。頭などを打って死亡した。〔共同〕
  1. 2014/07/28(月) 09:29:44|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

静岡新聞より 山岳事故のニュース

富士山で救助要請4件 富士宮口・御殿場口
@S[アットエス] by 静岡新聞 7月27日 6時25分配信
 富士山富士宮口と御殿場口の登山道で26日、体調不良やけがで登山客の救助要請が4件続いた。いずれも軽症と軽傷とみられる。富士宮口の3件は、県警の富士山臨時派出所勤務員や山岳遭難救助隊員らに5合目まで搬送された後、自力で帰宅した。
 午前8時45分ごろ、6合目と7合目の間で、愛知県東浦町の男性会社員(36)が下山途中に体調不良になった。
 午前9時5分ごろには、5合目と6合目の間で登山途中だった袋井市の女性会社員(37)が頭痛や腹痛で動けなくなった。
 午後3時ごろには、下山途中だったシンガポール人の男性(69)が転倒で足をけがして歩行困難となった。
 午後7時20分ごろには、御殿場ルートの6合目から新6合目付近で、東京都町田市の男性(23)が負傷して下山できないと消防に通報があり、御殿場署山岳遭難救助隊などが捜索に向かった。
  1. 2014/07/28(月) 09:16:18|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

埼玉新聞より 山岳事故のニュース

ロッククライミングの男性滑落、全身強く打ち死亡/小鹿野
埼玉新聞 7月27日 3時26分配信
 26日午後1時15分ごろ、小鹿野町河原沢の二子山西岳中央稜付近で、ロッククライミングをしていた東京都狛江市中和泉3丁目、会社役員石井正寿さん(47)が地上約40メートルの岩場から滑落し、全身を強く打ち死亡した。

 小鹿野署によると、石井さんはこの日朝、神奈川県内の登山仲間の男性(49)と合流し、標高1165メートルの同山を登山。山頂に到達後、2人でロッククライミングで降下中、滑落した。「あっ」という声がして男性が見ると、石井さんが命綱のない状態でロープにしがみついており、その後力尽きて落下したという。

 石井さんは登山歴10年で、ロッククライミングは1年ほど前から始めたという。同署で事故原因を調べている。
  1. 2014/07/27(日) 05:50:20|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山形新聞より 山岳事故のニュース

栃木の夫婦、鳥海山で遭難騒ぎ 小屋に宿泊、家族と連絡行き違い
山形新聞 7月23日 15時30分配信
 鳥海山に登った栃木県内の50代夫婦が遭難したらしいと、家族が22日未明、栃木県警を通じて酒田署に届け出た。署員らは同日早朝から捜索を開始する準備を整えたが、直前に夫婦の登山者カードが見つかり、初めから山頂に宿泊予定だったことが判明。夫婦と家族との連絡の行き違いが騒ぎを招いた。

 夫婦は21日午前8時半ごろ、家族に携帯電話で「これから鳥海山に登る」とメールを送信。家族は日帰りと思い込み、夜になっても連絡がなく、携帯電話も通じないことから22日午前1時半ごろ、栃木県警に届け出た。

 連絡を受けた酒田署は酒田市草津で夫婦の乗用車を見つけ、八幡山岳捜索救助隊員とともに同日午前6時半からの捜索を決めた。その後、登山ポストに入っていたカードを発見。21~23日の日程で山頂の御室小屋に宿泊する計画が記入されていた。小屋に連絡したところ、夫婦は宿泊後、既に出発しており、正午ごろに登山口まで下山して署員と合流、無事が確認された。
  1. 2014/07/24(木) 08:05:09|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

産経新聞より 山岳事故のニュース

比良山系で3人を救助 滋賀
産経新聞 7月21日 7時55分配信
 20日午前8時ごろ、大津市の比良山系に男女3人で登山に訪れていた大阪府内の女性(66)から、「道に迷った」と県警に通報があった。大津北署や地元の消防などが捜索し、同日午後4時までに3人を救助した。いずれもけがはなかった。

 同署によると、3人は19日午前中に「びわ湖バレイ」から比良山系に入り、遭難。その後、1人が「道を探す」と言って離れ、それぞれ下山できずに一夜を山中で過ごしていた。
  1. 2014/07/23(水) 07:51:25|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

静岡新聞より 山岳事故のニュース

富士登山者から救助要請相次ぐ 20日、富士宮口
@S[アットエス] by 静岡新聞 7月21日 7時36分配信
 20日、富士山富士宮口で下山中の登山者の救助要請が2件あった。いずれも命に別条はなく、県警と富士宮市消防本部の山岳遭難救助隊員が5合目まで搬送するなどした。
 午前9時35分ごろ、茨城県日立市の印刷業男性(63)が7合目付近で転んで左足首をけがして歩行が困難になった。午後3時半ごろには東京都練馬区の団体職員男性(47)が9合目五勺(しゃく)付近で転倒して唇を切った。高山病の症状が見られたため救助隊員が付き添って下山した。
 また、20日午後6時40分ごろ、富士山須山登山道御殿庭付近(標高約2千メートル)で、富士市のパート女性(37)と長女(12)、女性の70代の父親の3人が道に迷ったと、先に下山した家族が富士宮署に届けた。御殿場、富士宮両署の山岳遭難救助隊が同日夜、富士宮口から救助に向かい、3人と接触した。3人にけがはないという。
 御殿場署によると、女性らは家族5人で同日午前8時ごろ、富士宮口から入山した。女性の夫と息子は昼ごろ、登頂を断念して下山したが、3人が予定時刻になっても下山しないため、連絡したところ、「道に迷った」と話したという。
  1. 2014/07/23(水) 07:48:25|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

静岡新聞より 山岳事故のニュース

20日に救助要請の3人、無事に下山 富士山須山登山道
@S[アットエス] by 静岡新聞 7月22日 8時14分配信
 20日午後から富士山須山登山道で道に迷い、救助を求めていた富士市のパート女性(37)、長女(12)、父親(67)の3人が同日午後11時50分ごろ、御殿場、富士宮両署の山岳救助隊とともに下山した。3人にけがはなかった。
 御殿場署によると、3人は御殿場口5合目付近で救助されたという。
  1. 2014/07/23(水) 07:44:58|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ