FC2ブログ

RESCYOU京都(レスキューきょうと)〜京都登山研究所〜

山の相談110番:090-9213-0709 自救力アップのための出張講習も行います

5/28 第31回 jRO自救力up講習会in神戸







  1. 2015/05/29(金) 23:12:27|
  2. 活動内容
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山梨日日新聞より 山岳事故のニュース

富士山で滑落男性の遺体収容 昨年12月、不明に
山梨日日新聞 5月28日 20時3分配信
 富士吉田署は27日、昨年12月に富士山9合目付近で滑落し、行方不明になっていた富士吉田市下吉田、臨床工学技士の男性=当時(31)=の遺体を発見、収容したと発表した。
 同署によると、入山者が25日、滝沢林道近くから約200メートル登った4合目付近で倒れている男性を発見し、110番した。同署が身元を調べ、判明した。
 男性は昨年12月28日に1人で山梨県側から富士山に登り、下山中に9合目付近で滑落したと家族を通じて110番していた。自力で6合目付近まで下ったと伝えた後、連絡が取れなくなっていた。
  1. 2015/05/29(金) 06:22:22|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

産経新聞より 山のニュース

広島県警の機動隊と航空隊が山岳遭難の救助訓練
産経新聞 5月28日 7時55分配信
 自然災害や登山中のアクシデントに遭った被災者救助の技術向上を目的に、県警機動隊と航空隊は27日、坂町の森山山頂展望台で、負傷者をヘリコプターで引き上げる訓練を行った。山中での訓練は初めてという。

 訓練は大雨による山崩れ発生により、登山客1人が山道から滑り落ち、足を負傷して動けないという想定。通報を受けて出動した隊員らは、負傷者に器具を取り付けて引き上げるホイスト救助を行った。

 これまでの救助訓練はヘリポートなどで行っており、生い茂る木などの障害物がなかった。今回は山中での訓練のため、風向きを考慮してヘリを進入させ、ワイヤを救助地点に正確に降ろす必要がある。このため、地上班と航空班が緻密(ちみつ)に連絡を取り合う、実戦さながらの訓練となった。

 県内では昨年、山岳遭難が14件、計46人発生し、そのうち1人が死亡した。死者が出た広島市安佐北区の白木山は発生件数も最多で3件となっている。県警機動隊中隊長の中本悟志警部は「昨年8月の土砂災害での出動経験も踏まえた訓練。梅雨や登山シーズンを迎えるので、今後の救助に生かしたい」と話した。
  1. 2015/05/29(金) 06:19:57|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福島民報より 山のニュース

磐梯山で山開き
福島民報 5月25日 9時7分配信
 磐梯山(1、816メートル)は24日、山開きし、福島県の猪苗代、磐梯、北塩原の3町村の登山口計6カ所から約3500人が山頂を目指した。 
 山頂からは、猪苗代湖や桧原湖をはじめ、安達太良山、飯豊連峰などを望む大パノラマが広がり、登山者が写真に収めるなど満喫していた。 
 登山開始を前に猪苗代町の猪苗代スキー場にある猪苗代登山口で安全祈願を行った。前後公町長らが玉串をささげ、登山シーズン中の無事故を祈った。 
 山頂手前の弘法清水では、磐梯山の自然環境保護を訴えるメッセージを登山者から募る「こだましようよ 自然に想うメッセージ!」が行われ、多くの登山者が思い思いの言葉を寄せていた。猪苗代観光協会の主催、福島民報社の協賛で、作品は後日審査し、優秀作品などを決める。
  1. 2015/05/27(水) 06:10:28|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

産経ニュースより 山岳事故のニュース

日光で群馬の男性遭難か 親族「しばらく帰宅していない」
2015.5.23 21:40

 栃木県警日光署は23日、日光市内の山に登山に出掛けたとみられる群馬県桐生市菱町、無職、早川秀男さん(68)が遭難した可能性があると明らかにした。署は23日に地上と空から登山道などを捜索したが見つかっておらず、24日も実施する。

 署によると、22日に早川さんの親族が「しばらく自宅に帰宅していない」と群馬県警に届け出た。同日夕、日光署員が庚申山(1892メートル)や皇海山(2144メートル)の登山道につながる市内の空き地で早川さんの軽乗用車を発見した。早川さんは1人暮らしで、登山が趣味だった。
  1. 2015/05/24(日) 07:18:13|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時事通信より 山のニュース

御嶽山規制、一部解除へ=7月の山小屋再開目指す―岐阜
時事通信 5月22日 17時29分配信
 昨年9月の噴火で57人が死亡した岐阜、長野県境の御嶽山について、岐阜県下呂市は22日、6月下旬をめどに岐阜県側の登山口から9合目の山小屋「五の池小屋」までの入山規制を解除すると発表した。市が管理する五の池小屋は、7月1日の営業再開を目指す。
 市は五の池小屋の登山者用ヘルメットを増やすほか、火口付近に登山者が立ち入らないよう看板を設置するなど、安全対策を実施する。
 市職員らが21日、岐阜県側登山口から五の池小屋まで徒歩で往復し、状況を確認。山小屋周辺と登山道に火山灰は積もっていなかったという。
 気象庁は3月末、噴石や火砕流の警戒範囲を火口の半径3キロ圏から同2キロ圏に縮小。五の池小屋は範囲から外れていた。噴火警戒レベルは自治体に入山規制など適切な措置を求める「3」が維持されている。
  1. 2015/05/23(土) 05:49:02|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

読売新聞より 山岳事故のニュース

北ア南岳、半分が雪に埋まった男性遺体…遭難か
読売新聞 5月22日 21時16分配信
 22日午前11時15分頃、岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂の北アルプス南岳(3032メートル)中腹の標高1850メートル付近にある沢で、体の半分が雪に埋まった状態で死亡している男性を登山客が見つけた。

 登山客は山小屋を通じて警察に通報し、同県警のヘリコプターが男性を収容した。

 県警高山署の発表によると、男性は東京都狛江市東和泉、会社員田中秀啓(ひでひろ)さん(不明当時31歳)で、今年1月17日、実家の茨城県の家族から「山に出かけたまま帰ってこない」と行方不明者届が出されていた。登山届は未提出だったという。同署は、田中さんの服装などから、登山中に遭難したとみて死因などを調べる。
  1. 2015/05/23(土) 05:47:30|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ANNより 山のニュース

御嶽山山頂付近の山小屋に関係者が入山 今年初めて
テレビ朝日系(ANN) 5月22日 0時5分配信
 去年9月に噴火した御嶽山で、山頂近くにある山小屋に今年初めて関係者が入りました。

 御嶽山の山肌はまだ至る所、雪に覆われています。9合目にある山小屋・五の池小屋を目指して管理人の市川典司さんと岐阜県下呂市の職員などが21日、山に入りました。
 7月からの山小屋の営業再開を目指し、市川さんらは残っている火山灰の量などを確認していました。
 五の池小屋管理人・市川典司さん:「とにかく安全に登山者を迎え入れたい。捜索とかも残されていますし、できる限りの協力をしていきたい」
 57人が死亡した御嶽山の噴火では、6人が行方不明のままです。長野県は捜索再開に向け、7月に山頂付近の調査を行う方針を固めています。
  1. 2015/05/22(金) 05:57:02|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝日新聞より 山のニュース

長野県、御嶽山頂の再捜索へ先遣隊検討 梅雨明け以降に
朝日新聞デジタル 5月21日 23時59分配信

雪解けが進んだ御嶽山の山頂付近=21日午後5時50分、朝日新聞社ヘリから、嶋田達也撮影
 昨年9月の噴火で57人が死亡する戦後最悪の火山災害となった御嶽山(おんたけさん、長野・岐阜県境、3067メートル)の山頂付近は21日、雪解けが進んで御嶽神社の鳥居や建物が確認できるようになった。昨年10月16日に降雪などのために捜索を打ち切っていた長野県は、行方不明の6人の再捜索に向けた先遣隊を梅雨明け以降に派遣することを検討している。山頂一帯や登山道を下見し、火山灰の状況などを踏まえ捜索再開が可能かどうか判断するという。

 下見は雪解けや火山活動を見極めたうえで、県警が中心となって実施する。火山灰が雨で流れて土石流が発生する恐れもあるため、梅雨明け以降を検討している。再捜索では、県警の機動隊員らが徒歩で入山し、目撃情報などから6人がいたとみられるエリアを重点的に探す方針だ。

 御嶽山の噴火では、発生直後から県警や自衛隊、消防など延べ1万5千人が救助・捜索活動にあたった。(小松隆次郎)
  1. 2015/05/22(金) 05:55:15|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都新聞、産経新聞より 山岳事故のニュース

クマに襲われ登山の男性重傷 滋賀・高島で救助
京都新聞 5月20日 20時36分配信
 20日午後4時半ごろ、滋賀県高島市今津町狭山の三重嶽(さんじょうがだけ)を1人で登山していた大阪府摂津市鳥飼八防1丁目、高槻市消防本部職員(51)が「クマに襲われた」と110番通報し、滋賀県の防災ヘリコプターに救助された。
 高島署によると、右腕と後頭部をかまれて重傷を負ったという。

クマに襲われ重傷 滋賀・高島市、登山中の男性
産経新聞 5月20日 20時36分配信
 20日午後4時半ごろ、滋賀県高島市の三重嶽(さんじょうだけ=974メートル)へ登山に訪れていた大阪府摂津市の男性(51)がクマに襲われ、頭や手足などに重傷を負った。男性が携帯電話で110番し、県の防災ヘリが同市今津町狭山の山中で男性を救助。男性は市内の病院に搬送された。

 滋賀県警高島署などによると、男性は1人で三重嶽を訪れ、下山中に登山道付近を歩いていてクマに遭遇。頭や手足などを噛まれたとみられる。

 高島市内では、今月に入りクマの目撃情報が4件寄せられており、同署などが住民や登山者らに注意を呼びかけていた。
  1. 2015/05/21(木) 08:13:37|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ