FC2ブログ

RESCYOU京都(レスキューきょうと)〜京都登山研究所〜

山の相談110番:090-9213-0709 自救力アップのための出張講習も行います

静岡新聞より 山岳事故のニュース

富士山6合目で男性遺体発見 富士宮口、滑落か
6/25(日) 7:56配信

 24日午前10時15分ごろ、富士山富士宮口6合目付近で登山者が男性の遺体を発見し、富士宮署に通報した。県警山岳遭難救助隊が出動し、約7時間後に収容した。同署によると、男性は登山用の装備を身に付けていた。登山道から離れた場所に倒れていたことから、滑落した可能性が高いという。死後1カ月程度が経過しているとみられ、同署が身元の確認を急いでいる。
  1. 2017/06/26(月) 06:31:39|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北海道文化放送より 山岳事故のニュース

約50メートル程滑落 南区の天狗山で男性死亡 仲間4人で登山中に 札幌
6/24(土) 20:40配信

 札幌南区定山渓の天狗山で24日、50代の男性が滑落し、病院に搬送されましたが死亡しました。

 24日午前10時頃、札幌南区定山渓にある、標高約1145メートルの天狗山の熊の沢コース登山道で、50代の男性が滑落しました。

 一緒に登山していた仲間が、携帯電話が通じる所まで下山して、約1時間後に110番通報し、男性は消防のヘリコプターに救出されました。

 男性は病院に運ばれましたが、死亡しました。

 男性は、仲間4人で登山をしていて、事故にあったということで、警察は、この男性の身元の確認を急ぐとともに、事故の状況などを詳しく調ています
  1. 2017/06/25(日) 07:25:24|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋田魁新報より 山岳事故のニュース

遭難の男性発見、秋田駒ケ岳 けがなし
2017年6月24日 8時5分 掲載
シェアする
ツイートする
LINEで送る
お気に入りに登録
 23日に秋田県仙北市田沢湖の秋田駒ケ岳(1637メートル)に登山に出掛け、遭難した東京都品川区小山、会社員香月富士雄さん(61)は24日午前5時10分ごろ、登山道で捜索隊に発見された。けがはなかった。
  1. 2017/06/24(土) 08:26:15|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都新聞より 山岳事故のニュース

北アルプスで京都の男性遭難か
 長野県警大町署は20日、京都市中京区聚楽廻西町、会社員の男性(59)が行方不明となり、同県大町市の北アルプス餓鬼岳(2647メートル)に登り遭難した可能性があると明らかにした。県警ヘリコプターなどが20日に捜索したが見つからず、21日以降も捜索を続ける。
 署によると、餓鬼岳に続く白沢登山口近くのレジャー施設が「16日夕から止まっている車がある」と19日に通報。男性の車と判明した。登山届は出ていないという。
  1. 2017/06/22(木) 06:31:28|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

産経ニュースより 山岳事故のニュース

東北の山で5人遭難か 山菜採りや登山、山形県警捜索
2017.6.19 23:38

 19日午後9時25分ごろ、「山菜採りに行った家族3人が戻ってこない」と、家族から山形県警に届け出があった。山形県内では他にも、大阪府茨木市の男性(75)と、山形県真室川町の男性(76)が山に行ったまま帰ってきておらず、県警が行方を捜している。

 県警によると、3人組はいずれも真室川町の男性(64)と女性(61)の夫婦と、その父親(85)。秋田県横手市から山に入ったという。
  1. 2017/06/21(水) 06:28:27|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SBC信越放送より 山岳事故のニュース

北アルプス小蓮華山で男性の遺体・3月に行方不明の男性か
6/16(金) 0:16配信

北アルプスの小蓮華山でスキーをしていたとみられる男性の遺体が見つかりました。
警察は3月に入山したまま行方が分からなくなっていた大町市の男性の可能性もあるとみて身元の確認を進めています。
きのう、午後2時過ぎ小蓮華山南東側の標高およそ2000メートルの斜面で男性が倒れているのをバックカントリースキーをしていた男性が見つけ、警察に通報しました。
男性はすでに死亡していて、近くにはスキーの板やストックがあったということです。
警察は今年3月にバックカントリースキーをしに栂池高原から入山したまま行方が分からなくなっている大町市の64歳の男性の可能性もあるとみて身元の確認を進めています。
  1. 2017/06/16(金) 06:28:34|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

毎日新聞より 山岳事故のニュース

<山岳遭難>のろしが決め手、捜索4日目で発見 山梨
6/15(木) 20:38配信

 山梨市三富川浦の木賊山(とくさやま)で男女2人が行方不明になる山岳遭難があり、捜索4日目となった15日に無事発見された。命に別条はないという。

 山梨県警日下部署によると、2人は、同じ系列の飲食店に勤務する茨城県龍ケ崎市の倉井賢司さん(57)と千葉県我孫子市の佐藤典子さん(48)。12日午前から木賊山を登り、下山中に倉井さんが登山道から滑落。佐藤さんが携帯電話で119番したが、途中で電池が切れた。

 日下部署や消防は30人以上を捜索に投入。標高約2100メートル付近で一時は声が聞こえる距離まで迫ったが、発見には至らなかった。

 「嫌な予感が頭をよぎり、捜す側も神経がすり減ってきた」(県警関係者)という捜索4日目の15日午後1時50分ごろ、声が聞こえた地点から大きく離れた場所を旋回中の県警ヘリ「はやて」が、標高約1600メートルの斜面からのろしが上がっているのを発見。2人の名前を呼ぶと、黄色いものを振っている姿が見えたという。佐藤さんは衰弱していたもののけがはなく、倉井さんは肩や右腕を骨折するなどしていたという。【井川諒太郎】
  1. 2017/06/16(金) 06:26:21|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

読売新聞より 山岳事故のニュース

山岳遭難、60歳以上が半数…外国人1・5倍に
6/15(木) 17:38配信

 昨年1年間の山岳遭難者は2929人で、2015年の3043人に次いで、過去2番目に多かったことが警察庁のまとめでわかった。

 死者・行方不明者も319人に上り、4年連続で300人を超えた。半数以上は60歳以上で、同庁は「体力に見合った山を選び、余裕のある登山計画を立ててほしい」と呼びかけている。

 年齢別では、60歳代が746人(25・5%)で最も多く、70歳代が565人(19・3%)、50歳代が421人(14・4%)。60歳以上で遭難者の50・6%、死者・行方不明者の67・4%を占めた。外国人の遭難者は93人で、前年の約1・5倍だった。

 遭難原因のトップは「道迷い」で38・1%。「滑落」(17%)、「転倒」(16・1%)が続いた。
  1. 2017/06/16(金) 06:23:49|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

産経新聞より 山岳事故のニュース

木賊山で2人滑落 2日間捜索、発見できず 山梨
6/14(水) 7:55配信

 山梨市三富川浦の木賊山(とくさやま)(2468メートル)の尾根で12日、男女2人が登山道から数メートル滑落し、同日午後4時50分ごろ、女性が119番通報した。警察と消防などで12、13日に捜索をしたが見つからず、14日早朝から態勢を拡大して捜索を継続する。

 同署によると、2人は甲武信ケ岳から下山中だった。12日夕は群馬県の防災ヘリ「はるな」が捜索。13日も早朝から、県警ヘリ「はやて」と日下部署と東山梨消防本部の計15人の合同救助隊が捜索を続けた。

 同署などによると、通報直後は女性と連絡がとれたが、その後に携帯がつながらなくなったという。13日に地上で捜索した署員の呼びかけに、かすかに反応するような声が聞こえたという。
  1. 2017/06/15(木) 06:31:43|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北海道新聞より 山岳事故のニュース

意識不明の80歳男性死亡 知床岳
6/12(月) 20:51配信

知床岳で意識不明になった男性が野営していた地点に到着した救助隊拡大写真
 【斜里、羅臼】オホーツク管内斜里町の知床岳(1254メートル)の山岳ツアーに参加し、登山中に低体温で意識不明となっていた伊達市の無職佐藤勉さん(80)は12日午後、道警山岳救助隊などに収容され、根室管内羅臼町内の診療所で死亡が確認された。中標津署は同行した山岳ツアーガイドから事情を聴くとともに、死因などを調べている。

 佐藤さんは40~60代の男女7人と男性ガイド2人とともに10日から2泊3日の日程で羅臼町から入山。11日午後3時ごろに寒さを訴え、自力歩行が困難になり、同日午後10時10分ごろ、同行した40代男性ガイドが110番で救助を要請した。
  1. 2017/06/13(火) 06:29:19|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ