FC2ブログ

RESCYOU京都(レスキューきょうと)〜京都登山研究所〜

山の相談110番:090-9213-0709 自救力アップのための出張講習も行います

産経新聞より 山岳事故のニュース

妙義山で滑落か 75歳男性が死亡 群馬

10/30(火) 7:55配信 

 28日午後4時10分ごろ、富岡市妙義町諸戸の妙義山登山道で、東京都江戸川区東小岩の無職、河野寛司さん(75)が遺体で見つかった。発見場所は崖下約70メートルの地点で、富岡署は滑落したとみて調べている。

 同署によると、河野さんは8人で登山をしていた。同日午後、「グループの1人が行方不明になった」と消防に通報があり、捜索していた。

  1. 2018/10/31(水) 06:54:29|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中日新聞より 山岳事故のニュース

遭難の岐大生を救助 北ア槍ケ岳

 長野県大町市の北アルプス槍ケ岳北鎌尾根(標高約2800メートル)で27日、愛知県一宮市の男子大学生(19)が低体温症のような症状で動けなくなった遭難事故で、長野県警は28日、大学生を近くの山小屋に収容した。大学生にけがはなく、意識もはっきりしている。天候が良ければ、29日に同県松本市の病院に搬送する予定。

 県警ヘリが28日午前6時25分ごろ、救助に向かい、大学生の生存を確認した。天候不良のためヘリによる救助は断念し、県警山岳遭難救助隊員ら7人が地上から向かい、大学生を山小屋に運んだ。

 大学生は岐阜大工学部2年で、同大によると、工学部1年の男子大学生、OBの30代の男性会社員と一緒に登っていた。

 同行した2人は28日、松本市の上高地へ下山。男性会社員は「朝晩は凍り、予想以上の積雪もあって、思ったより行程が進まなかった。登れば登るほど厳しい状況で、1人の体調が悪くなった」と語った。

 3人は槍ケ岳山頂を目指し、27日午前4時に北鎌尾根の独標を出発。午前10時半ごろに1人が動けなくなったため、男性会社員らはテントをマット代わりにして大学生を寝かせ、寝袋とヤッケで包んでいた。

  1. 2018/10/30(火) 06:28:53|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NHKNEWSWEBより 山岳事故のニュース

恵那山で登山の68歳男性が死亡

10月28日 20時34分

28日、岐阜県との県境の恵那山で登山をしていた68歳の男性が体調不良で倒れ、搬送先の病院で死亡が確認されました。

28日午前11時半前、阿智村と岐阜県の県境にある恵那山の山頂付近で登山をしていた男性が体調不良を訴えて倒れたと、通りがかった登山者から消防に通報がありました。
男性は、群馬県太田市の会社役員、柴山由春さん(68)で、救助要請を受けた静岡県の防災ヘリコプターが出動して飯田市内の病院に搬送しましたが、午後6時ごろ死亡が確認されました。
柴山さんは、28日の早朝から妻と2人で恵那山へ登山に出かけていたということです。
警察によりますと、柴山さんには外傷も無いということで、死因は病死とみて詳しい経緯を調べています。

  1. 2018/10/29(月) 06:32:06|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中日新聞より 山岳事故のニュース

一宮の男子大学生が北アで遭難 28日朝から捜索

 27日午後3時50分ごろ、長野県大町市の北アルプス槍ケ岳北鎌尾根(標高約2800メートル)で、愛知県一宮市の大学2年の男子学生(19)が、低体温症のような症状で動けなくなったと、同行の男性から110番があった。学生は現場で1人取り残され、連絡が取れない状況になっている。大町署は28日午前6時ごろから捜索する。

 署によると、学生は25日に男性2人と共に上高地から2泊3日の予定で入山。27日は午前4時に北鎌独標から槍ケ岳山頂を目指して歩き始め、同10時半すぎに動けなくなった。男性らはテントをマット代わりにして学生を寝かせ、寝袋とヤッケで包んだという。

 現場は携帯電話が通じないため、男性らは学生を残して登山を続け、山頂付近から通報した。当時の現場について「積雪20~30センチで、ふぶいていた」と話しているという。

 同行した2人のうち、1人は学生と同じ大学に通う10代で、もう1人は30代の会社員。登山届には大学山岳部の記載があった。

 北鎌尾根は、槍ケ岳に向かう登山ルートの中で非常に険しいルートで知られ、高度な技術と体力が必要とされる。

  1. 2018/10/29(月) 06:29:42|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NHKNEWSWEBより 山岳事故のニュース

滑落の男性を救助 命に別条なし

10月24日 11時39分

23日夕方、湯沢町にある万太郎山で滑落して動けなくなっていた男性が24日朝、現場で付き添っていたもう1人とともに救助されました。
2人とも命に別状はないということです。

23日午後5時半過ぎ、湯沢町にある標高1954メートルの万太郎山に沢登りに出かけた南魚沼市と湯沢町の20代から60代の男性4人のグループから「1人が滑落してけがをして動けなくなっている」と、通報がありました。
警察と消防が24日朝から捜索したところ、午前8時半ごろ、警察のヘリコプターが標高およそ1400メートルにある小屋の近くで、滑落した40代の男性と、付き添っていたもう1人を発見し、救助しました。
警察によりますと、2人は病院に運ばれ、滑落した男性のけがの程度はまだわかっていませんが、2人とも命に別状はないということです。
4人は、日帰りの予定で23日の朝から沢登りに出かけていたということで、警察が詳しい状況を調べています。
県内ではことしに入って、滑落による遭難が今回を含めて25件起きていて、このうち3人が死亡しています。



  1. 2018/10/25(木) 06:34:31|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仙台放送より 山岳事故のニュース

22日から行方不明…仙台の女性(75)遭難か 山形県小国町の山中へ写真を撮りに

10/24(水) 20:02配信 

山形県小国町の山中へ写真を撮りに行った、仙台市の女性が10月22日から行方不明となっています。
警察は女性が遭難したとみて、捜索を続けています。
行方が分からなくなっているのは、仙台市青葉区旭ヶ丘3丁目の無職、渡辺セツさん(75)です。
警察によりますと、渡辺さんは10月22日午後3時ごろ、山形県小国町の飯豊連峰の登山口にあたる「温身平」を、写真サークルの仲間9人と訪れました。
渡辺さんは1時間ほどしてから、「近くにある池に行く」と言い、単独の行動を始めましたが、そのまま連絡が取れなくなったため、仲間が警察に通報しました。
警察と消防などは、22日から仲間と別れた場所の近くにある登山道や沢沿いを中心に渡辺さんを捜していますが、現在も発見には至っていません。
渡辺さんは軽装で、携帯電話や食料を持っていないということです。

  1. 2018/10/25(木) 06:31:53|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東日本放送より 山岳事故のニュース

宮城・蔵王で遭難した3人救助 山形でも行方不明

10/23(火) 19:06配信 

22日蔵王に登山に出掛け、遭難した男女3人が無事救助されました。10月は山岳遭難事故が相次いでいて警察は注意を呼びかけています。
須田リポート「遭難された方3人のうち、今、最後の方が救助されました」。
救助されたのは、仙台市に住む会社員の38歳の男性と53歳と27歳の女性、あわせて3人です。
警察によりますと3人は登山のため22日朝みやぎ蔵王白石スキー場から入山し午後8時ごろ下山中にコースから外れ「道に迷った」と自ら119番通報しました。
警察と消防が午前6時から捜索したところ、約50分後に消防のヘリが3人を見つけ救助しました。
53歳の女性は低体温症の疑いで白石市内の病院に搬送されましたが、命に別状は無いということです。ほかの2人にもけがはありませんでした。
3人は、登山届けを出していて警察の指示に従いやみくもに動かなかったことが早期発見につながったということです。
今年の山岳遭難事故は10月10日現在で19件起きていてすでに去年1年間と同じ件数となっています。警察は、計画的な無理の無い登山を呼びかけています。
また山形県小国町で、写真撮影のためブナ林に入った青葉区の渡辺セツさん(75)の行方が分からなくなり警察などが捜索しています。
渡辺さんは22日午後3時ごろ、写真サークルの仲間9人と小国町小玉川の飯豊連峰の登山口にあたる温身平に入りました。1時間後に「温身の池」付近で張ってあったロープを越えて単独行動を始めた後、連絡が取れなくなり午後6時20分ごろ仲間が警察に届け出ました。
警察などは23日午前6時半から約40人態勢で捜索を行いましたが、手掛かりは無く23日の捜索

  1. 2018/10/24(水) 06:30:11|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都新聞より 山岳事故のニュース

「鬼の洞窟」きつい斜面や悪い足場も 京都・登山男性死亡

10/22(月) 20:04配信

 京都府福知山市大江町北原の大江山山中で行方不明になった男性(77)=金沢市=は22日朝、心肺停止の状態で見つかり、その後、死亡が確認された。大江山は家族連れなども訪れる人気の登山スポットだが、足場の悪い箇所も少なくなく、地元関係者は注意を呼び掛ける。
 捜索は、男性が行方不明になった前日に引き続き、この日は午前6時半から開始。福知山署員や市消防隊員ら約50人が、捜索本部の置かれた鬼嶽(おにだけ)稲荷神社から次々と出発した。
 同神社から男性が向かった岩場「鬼の洞窟」までは300メートルほどだが、登山道の傾斜はきつく、朝露にぬれた枯れ葉が足をすくう。捜索に当たった消防隊員(59)は「登山道の幅が狭い箇所もあり、足元が滑って身の危険を感じるほどだった」と汗をぬぐった。
 大江山に詳しい自然公園指導員の赤松武司さん(65)=同町金屋=によると、比較的なだらかで初心者でも登りやすい大江山でも、毎年のように遭難者が出ているという。「秋も深まり日暮れも早くなった。装備を調えて入山しないと、道に迷ったり、滑落したりする恐れがある」といい、山行への心構えと準備の大切さを強調する。

  1. 2018/10/23(火) 06:57:01|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HBC北海道放送より 山岳事故のニュース

八剣山の頂上から滑落し80代女性登山者死亡 山頂一帯が険しい岩場で過去にも死亡事故 札幌市南区

10/22(月) 12:18配信 

21日、札幌市南区の八剣山で、80代の女性が山頂から滑落し死亡しました。

21日午後1時すぎ、札幌市南区砥山の八剣山の山頂から80代の女性登山者が滑落しました。
女性はヘリコプターで救助され病院に運ばれましたが、その後、死亡が確認されました。
女性は、ほぼ垂直の岩場になっている山頂の南側に滑落したということです。
標高498メートルの八剣山は、短時間で登れる山として人気がありますが、頂上一帯が険しい岩場になっていて、過去に滑落による死亡事故が起きています。

  1. 2018/10/23(火) 06:54:05|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NHKNEWSWEBより 山岳事故のニュース

札幌の八剣山で80代女性登山者が滑落、死亡

10/22(月) 5:39

 21日、札幌市の八剣山で登山をしていた80代の女性が山頂から滑落し、死亡しました。

 21日午後1時すぎ、札幌市南区の八剣山の山頂から80代の女性登山者が滑落しました。女性はヘリコプターで救助され、病院に運ばれましたが、その後、死亡が確認されました。

 女性は、ほぼ垂直の岩場になっている山頂の南側に滑落したということですが、詳しい状況は分かっていません。

 標高498メートルの八剣山は短時間で登れる山として高齢者にも人気がありますが、頂上一帯が険しい岩場になっていて、過去にも滑落による死亡事故が起きています。警察は死亡した女性の身元の確認を急いでいます。(21日21:14)

  1. 2018/10/22(月) 06:32:20|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ