FC2ブログ

RESCYOU京都(レスキューきょうと)〜京都登山研究所〜

山の相談110番:090-9213-0709 自救力アップのための出張講習も行います

時事通信より 山岳事故のニュース

男性ボランティアが滑落か=不明女児の捜索中-山梨・道志村

9/27(金) 20:37配信 

 27日午後1時55分ごろ、山梨県道志村で行方不明の小学1年小倉美咲さん(7)=千葉県成田市=を捜索中のボランティアとみられる20代男性から「崖から落ちてけがをした」と110番があった。

 山梨県警大月署員らが救助に向かったが、場所を特定できず、連絡も取れないという。同署は28日早朝から小倉さんと合わせて行方を捜す。

 同署によると、男性の携帯電話は電源が切れているとみられる。27日の捜索は日没で打ち切られた。 

  1. 2019/09/28(土) 07:48:22|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

広島ホームテレビより 山岳事故のニュース

北広島町・高岳で登山 76歳男性が遭難 捜索活動続く 広島

9/26(木) 20:52配信

25日から広島県にある北広島町の高岳に登山をしていた男性が遭難し、捜索活動が続いています。

標高1054メートルの「高岳」。遭難しているのは東区に住む76歳の男性で、警察によりますと25日午後3時半ごろ、登山仲間に「道に迷った」と電話をして以降連絡がとれなくなっているということです。登山仲間が26日午前、高岳の登山道を捜索しても見つからなかったため消防に通報しました。男性は25日午前、1人で山に入ったとみられ、家族などによりますと、この山への登山は今回が3回目だったということです。
警察や消防はヘリコプターも導入し30人態勢で捜索を続けています。

  1. 2019/09/27(金) 06:29:16|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MBC南日本放送より 山岳事故のニュース

屋久島の登山道近くで男性の遺体

9/25(水) 0:38配信

屋久島の宮之浦岳に向かう登山道近くの沢で24日午後、男性が倒れているのが見つかりその後、死亡が確認されました。
屋久島警察署によりますと24日午後5時ごろ登山ガイドから「沢で男性が亡くなっているのを見つけた」と警察に通報がありました。警察が現場に向かったところ、淀川登山口から宮之浦岳へ向かう途中の休憩所近くを流れる沢のおよそ300メートル下流で岩に挟まれた状態の男性の遺体を見つけました。
男性は黒の長袖Tシャツにカーキ色の長ズボンを履いていて、警察では現在身元の特定を急いでいます。警察は、25日の朝からヘリを使い、上空から男性を引き揚げる予定です。

  1. 2019/09/25(水) 06:30:05|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NHKNEWSWEBより 山岳事故のニュース

十勝岳で男性遭難か 警察が捜索

09月20日 21時05分

20日午後、大雪山系の十勝岳で、登山中とみられる男性から吹雪で遭難したとの通報があり、警察が救助に向かっています。

20日午後3時前、大雪山系の十勝岳で登山中だという男性から「吹雪が強くなり、視界が悪い。登山道を外れたおそれがある」と、携帯電話から警察に通報がありました。
これを受け、警察は夕方から、7人態勢で山に入り、男性の携帯電話の位置情報をもとに、救助に向かっています。
警察によりますと、この男性は、登山届などの情報から、千葉県の50歳の男性とみられ、十勝岳の登山口の1つ、美瑛町の望岳台から入山したとみられるということです。
男性は警察に、けがはしていないと話しているということです。
大雪山系では19日、旭岳と黒岳で初雪が確認されていて、ふぶいているところもあることから、警察では、登山者に注意を呼びかけています。

  1. 2019/09/22(日) 09:05:40|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石川テレビより 山岳事故のニュース

避難小屋電波つながらず…登山中ケガした72歳男性 20時間後に救出 通りがかりの登山客が発見

9/16(月) 19:20配信

 石川県の白山で登山中にケガをして動けなくった男性が、避難小屋で一夜を過ごした後、およそ20時間後に救助されました。

 15日午後1時40分頃、白山に上っていた兵庫県の72歳の男性が足を滑らせて転倒し右足にケガをしました。男性は自力で避難小屋に移動した後、その中で一晩を過ごしました。

 16日朝、小屋を通りがかった別の登山客が男性を発見し警察に通報。ケガをしてからおよそ20時間後の午前8時半にヘリで救助されました。

 男性は右足首を骨折した疑いがあり、病院で治療を受けました。避難小屋周辺は携帯電話の電波がつながらないエリアでした。

  1. 2019/09/17(火) 06:38:38|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NHKNEWSWEBより 山岳事故のニュース

登山の70代女性 行方不明

09月16日 13時54分

今月15日、三好市の国見山に登山に出かけた70代の女性の行方が分からなくなり、警察と消防などで16日朝から捜索を行うことにしています。

行方が分からなくなっているのは岡山県内に住む70代の女性です。

警察によりますと女性は所属している岡山県内のウォーキングクラブのメンバー23人とともに、標高およそ1410メートルの三好市の国見山を訪れていて、15日の午前中から登山を行っていたということです。

これまでの調べで、女性は登山の途中で撮った記念写真には写っていたということですが、頂上に着いた際に確認したところ姿が見えなくなっていたということです。

女性の携帯電話は乗ってきたバスの中に置いたままになっていて、現在は連絡が取れない状況だということです。

警察や消防は女性が遭難した可能性があるとみて16日の朝から救助隊を出して捜索することにしています。

  1. 2019/09/17(火) 06:37:02|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

産経新聞より 山岳事故のニュース

片品と上野村で山岳事故、2人重傷

9/16(月) 7:55配信

 3連休初日の14日、県内で山岳事故が2件発生、2人が重傷を負った。午後2時20分ごろ、片品村東小川の登山道を日光白根山から下山中の水戸市元吉田町のパート、岡本真由さん(35)が転倒、左足首を骨折した。友人ら3人と日光白根山ロープウェイに向け山頂から100メートルほどを下山中だった。通報を受けた谷川岳警備隊員らが救助した。

 午後3時ごろには、上野村楢原の原生林でキノコ採りを終え下山中の高崎市上佐野町の会社員、久保博光さん(54)が足を滑らせ転倒、滑落し約20メートル下の沢に転落、胸の骨を折るなどした。家族の通報で消防隊員らが発見、救助した。

  1. 2019/09/17(火) 06:34:56|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中京テレビNEWSより 山岳事故のニュース

御在所岳に1人で登山の滋賀県の男性死亡 三重・菰野町

9/12(木) 17:31配信

中京テレビNEWS

 三重県菰野町の御在所岳で、1人で山登りに出かけていた滋賀県湖南市の税理士・鈴木雅博さん(47)が亡くなっているのが見つかり、12日午前、防災ヘリコプターで遺体が収容されました。

 警察によりますと、鈴木さんは8日朝、家族に「御在所に行ってくる」と言って家を出ましたが、夜になっても帰ってこないことから、捜索が行われていました。

 警察は、足を滑らせた可能性もあるとみて調べています。

  1. 2019/09/13(金) 06:34:30|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富山テレビより 山岳事故のニュース

北アルプス剱岳で行方不明 横浜の女性会社員(19)遺体で発見

9/12(木) 12:00配信

富山テレビ放送

北アルプスの剱岳一帯で今月8日から行方不明となっていていた神奈川県の19歳の女性が12日朝、遺体で発見されました。
遺体で見つかったのは、神奈川県横浜市の19歳の女性会社員で、今月8日、「富山で登山してくる」と言って家を出たまま、行方不明になっていました。
県警山岳警備隊は、女性が剱岳に単独登山したとみて、行方を探していたところ、12日午前9時頃、剱岳の登山ルート、前剱(まえつるぎ)と一服剱(いっぷくつるぎ)の間の岩場で、倒れている女性を発見しました。
女性は心肺停止の状態でヘリコプターで搬送されましたが、その後、死亡が確認されました。
上市警察署によりますと、女性の体には岩などに打ち付けたと見られる傷があり、警察は女性が登山道からおよそ150メートル滑落したと見ています。
8日の午後4時頃には「女性が剱岳のカニの横ばいを渡っている」という目撃情報があったほか、午後5時頃には、「登頂した」とのメッセージをSNSで家族に送っていて、県警が11日から剱岳一帯を捜索していました。

  1. 2019/09/13(金) 06:32:06|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NHKNEWSWEBより 山岳事故のニュース

富士山でまた落石か けが人なし

09月10日 12時17分

9日夜遅く、富士山の山梨県側で、8合目と7合目にある山小屋の2か所で、建物の一部が壊れるなど落石とみられる被害がありました。
けが人はいませんでした。

県によりますと9日夜11時半ごろ、山梨県のパトロール員が富士山の山梨県側にある8合目にある山小屋に宿泊していたところ、大きな音がしたということです。
このため10日朝、状況を調査したところ、8合目にある別の山小屋と7合目の山小屋の2か所で、屋根などが壊れる被害が確認され、落石とみられるということです。
7合目の山小屋によりますと、当時、宿泊客と従業員など合わせて50人ほどいましたが、けが人はいませんでした。
また、8合目の山小屋にどの程度の登山客などがいたかについて、県は把握できていないということです。
富士山の落石をめぐっては先月、山頂付近で女性が落石にあたって死亡する事故が起きています。
富士山は10日が夏山シーズンの最終日ですが、県では10日朝、5合目から山頂まで登山道を確認し、先月の落石死亡事故で立ち入りを規制している石積み付近や登山道で石が崩れている様子はなかったということで、通常どおり登山道を開通しているということです。

  1. 2019/09/11(水) 06:32:37|
  2. スクラップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ